血液検査でわかる肝臓の数値の種類

肝臓が健康であるかそうでないかを判断するには血液検査が最も有効です。その時に正常な肝臓だと目安となる基準を設けていくつかの項目から判別します。

主に肝臓の検査で使われる項目は、GOT(AST)、GPT(ALT)が一般に知られています。この検査では肝臓や筋肉などの細胞に異常があるかどうかがわかります。

また、肝機能障害があるかどうか確かめる際にもこの検査は有効にもなります。しかし、この検査で基準値内であっても必ずしも肝疾患から除外できるというわけではありません。

GOTとGPTが示しているのは、現在壊れている肝細胞はどの程度あるのかという値です。GOTとGPTの比率は病気によって異なります。

GOTでは基準値をこえてしまうと急性肝炎、心筋梗塞、肝炎、肝臓がん、アルコール性肝障害、慢性肝炎、肝硬変、慢性肝炎、脂肪肝の可能性が出てきます。またGPTの基準値をこえると急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、閉塞性黄疸になります。

特にGOTが基準値を大きくこえていた時、症状とγ-GTPと他の血液検査の結果からさらに詳しく検査しなければなりません。γ-GTPは解毒作用と関係している酵素をはかったものでこの数値が高い場合はアルコール性肝障害などが考えられます。

この他にも細かい血液検査がありますがどの項目も無視できないものなのでキチンと対処する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>