非アルコール性脂肪性肝炎の改善は食事から

肝臓には体の状態に応じて、血液、ビタミン、ミネラル、脂肪などの栄養素を貯蔵・放出する機能があります。体内の科学変化を助けるために1,000種類を越える酵素を製造することもできます。

しかし、油っこいものばかり食べていると、肝臓の脂肪を代謝する機能が低下します。代謝というのは別の言い方をすれば、肝臓が酸化していくということです。特に肝機能が低下していくと、脂溶性ビタミンの貯蔵能力も低下し、一方で中性脂肪ばかりがストックされていきます。水溶性ビタミンは肝臓でストックすることができないので、非アルコール性脂肪性肝炎に罹患している人は、健常者よりも多くビタミンを摂取しなければなりません。

この各種ビタミン類は抗酸化作用があり、細胞の老化を阻害する効果があります。逆にビタミン類が不足すると、肝臓の酸化を防ぐことができず、脂肪肝の状態が進行し、肝硬変になることもあります。

肝硬変まで症状が進むと、顔色が浅黒くなったり、黄疸が見られたりなどの自覚症状が現れることがあります。この時、歯を磨くだけで、簡単に歯茎から血が出たり、鼻血が出やすくなったり、怪我をした時に出血が止まりにくくなります。これは、ビタミンKが肝機能障害により不足していることが原因です。

さらにビタミンDが不足するとカルシウムの吸収率が悪化し、骨が弱くなるので骨粗しょう症の原因になります。ビタミン不足となると、サプリメントに頼りたくなりますが、抗酸化サプリメントのβカロチンおよび、ビタミンA、C、Eは肝臓がんのリスクを減らす効果がなく、逆にガンになるリスクをわずかながら高めることさえあり得るといわれています。

それで、サプリメントに頼るよりも安くて効果的なのは、野菜を多く摂り、健康的な食事をして、タバコを吸わないようにすることです。野菜以外でも、魚、卵、豆腐などの動物性タンパク質にも必要なビタミンは含まれています。カロリーに気をつけながらも、少しずつ摂り入れるようにしましょう。

また、便秘は腸内のガスを発生させ、この有毒ガスを分解するため肝臓に負担をかけることになるので、便秘防止のために食物繊維を含む野菜、あるいはヨーグルトなどの腸内機能を安定させる食品を摂るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>