非アルコール性脂肪性肝炎の回復を早める生活とは

一時期、肝機能障害ある人は安静にして過激な運動や仕事を避けるようにといわれていた時代がありました。今日では、安静にしているよりも適度な運動が勧められています。その人の肝機能障害の程度にもよりますが、入院するほどではなければ、普通の日常生活を送ることができます。

睡眠をしっかりとることは、肝細胞の再生と回復を促す良い方法です。お酒を飲む人にはよく、休肝日を設けるようにと言われますが、お酒を飲まない非アルコール性脂肪性肝炎の人も、しっかりと睡眠をとって肝臓を休ませることは大切です。

特に深い眠り、ノンレム睡眠の段階で、循環器系は休むことができます。血圧と心拍数が低下して、心臓疾患系の予防につながります。加えて、ノンレム睡眠の時間に成長ホルモンの生産が最大になります。この成長ホルモンにより、肝細胞を回復させることができます。

この成長ホルモンが生産され、細胞を回復させるには、最低7時間は睡眠を取る必要があります。非アルコール性脂肪性肝炎は、ストレスも原因ではないかといわれているので、ストレスを上手に発散して溜め込まないようにしましょう。

ストレスが溜まると、アドレナリンが分泌されて、血圧が上がり、心臓疾患にかかるリスクが高くなります。また交感神経が刺激されると血行が悪くなり、肝臓への必要な血量が減少し、代謝機能が低下します。

非アルコール性脂肪性肝炎の人でも、お酒を飲んでストレスを発散するということは避けたほうが賢明です。非アルコール性脂肪性肝炎の人は入浴時、あまり熱すぎるお湯に浸かると心臓に負担がかかり、肝臓を含めた内蔵への血行が悪くなります。ぬるめのお湯で、肩までつかるのはなく、お湯の位置が心臓より下になるようにするだけで、体全体の血行はよくなりストレス解消、疲労回復に役立ちます。

食事療法や運動療法だけでなく、睡眠、入浴、ストレス解消なども意識して行うと、非アルコール性脂肪性肝炎を効果的に治療することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>