非アルコール性脂肪性肝炎とダイエット

肝臓には血液中の余分の脂肪を代謝したり、あるいは体に最低限必要な脂肪が足りない場合、肝臓自身が中性脂肪を合成して、血液中のコレステロール値を安定させる働きがあります。しかし、血液中のコレステロール値や中性脂肪値が基準値を大幅に越えると、肝臓は脂肪を代謝するスピードが遅くなり、肝臓に脂肪が蓄積していくことになります。

このように、脂肪を多く含む食品を口から摂取することで、脂肪が過剰にある状態が長く続くと、肝臓が慢性的な炎症を起こすようになり、肝炎と呼ばれる症状になります。

それで、このような状態を予防するため、肥満体型の人などはとくにダイエットをしたいと思うかもしれません。しかし、極端な、栄養バランスを無視したダイエットは、むしろ体の健康に害を及ぼし、肝臓に余計に負担をかけることになりかねません。肝臓に効くサプリなどを摂ると良いですね。

1日の摂取カロリー計算を行うとともに、ミネラルやビタミンまで含めた栄養バランスの良い食事を摂る必要があります。脂質を多く含むこってりとした食品を避ける一方、高タンパク質、低カロリー、食物繊維を多く含む食品を積極的に取り入れましょう。

食事をする際には、食物繊維の多い野菜、脂質の多い肉や魚、最後にご飯などの炭水化物を食べるようにすると、不必要な脂肪の吸収を防ぎ、食後の急激な血糖値の上昇も防ぐことができます。

できるだけ外食は避け、仕事がある日も、お弁当を作ってもらうことが望ましいのですが、どうしても外食にせざるを得ない場合、お惣菜やおかずの種類の多いセットメニューを注文するようにしましょう。丼ものなどはどうしても、高脂質、高カロリーになってしまいます。

ダイエットといっても、朝食を抜かすと体の代謝機能が低下して逆効果です。朝食も必ずとり、洋食よりも昔ながらの伝統的な日本食を中心にメニューを組み立てるようにすると、健康的に脂肪を落としていくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>