カテゴリー別アーカイブ: 基礎知識

血液検査でわかる肝臓の数値の種類

肝臓が健康であるかそうでないかを判断するには血液検査が最も有効です。その時に正常な肝臓だと目安となる基準を設けていくつかの項目から判別します。

主に肝臓の検査で使われる項目は、GOT(AST)、GPT(ALT)が一般に知られています。この検査では肝臓や筋肉などの細胞に異常があるかどうかがわかります。

また、肝機能障害があるかどうか確かめる際にもこの検査は有効にもなります。しかし、この検査で基準値内であっても必ずしも肝疾患から除外できるというわけではありません。

GOTとGPTが示しているのは、現在壊れている肝細胞はどの程度あるのかという値です。GOTとGPTの比率は病気によって異なります。

GOTでは基準値をこえてしまうと急性肝炎、心筋梗塞、肝炎、肝臓がん、アルコール性肝障害、慢性肝炎、肝硬変、慢性肝炎、脂肪肝の可能性が出てきます。またGPTの基準値をこえると急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、閉塞性黄疸になります。

特にGOTが基準値を大きくこえていた時、症状とγ-GTPと他の血液検査の結果からさらに詳しく検査しなければなりません。γ-GTPは解毒作用と関係している酵素をはかったものでこの数値が高い場合はアルコール性肝障害などが考えられます。

この他にも細かい血液検査がありますがどの項目も無視できないものなのでキチンと対処する必要があるでしょう。

脂肪肝になると起こる症状とは

ほとんどの人が脂肪肝に気づかす症状を放置させて、肝炎や肝硬変などの重い肝機能障害に至ってしまう一つの理由は、脂肪肝に自覚症状がないことにあります。初期の脂肪肝になっても、気づく人はほとんどいません。症状が進行して悪化しても、人によっては全く自覚症状がないケースがあります。

脂肪肝を放置していると、急性あるいは慢性肝炎、肝硬変、最悪の場合は肝臓がんに至るケースもあります。肝臓がんになってようやく体の変調に気づくというケースさえあるのです。

症状として疲労感、食欲不振、体重の減少などを挙げることができますが、肝機能障害だけに限った症状ではないだけに、本人には肝臓に問題があるとはわからないのです。

脂肪肝になる原因としては、食べ過ぎや飲み過ぎによるアルコール、脂質、糖質などの摂取によって肝臓の処理機能が低下してしまうこと、遺伝性のもの、肥満体質によるもの、糖尿病によるものなどがあります。

それで自覚症状がないとしても40歳以上の人で、これらのケースに該当するようであれば、病院で検査をしておいた方が良いでしょう。脂肪肝は早期発見できれば、治療も容易です。症状が悪化すればするほど、根治はより困難になり、死亡率も跳ね上がっていきます。

大切なのは早期発見、早期治療ですから、一年に一回の健康診断は大切なことと言えます。普段からバランスのとれた食事と定期的な運動をするよう心がけることは、体の中性脂肪を減らし、脂肪肝を予防する効果があります。意識して行なっていきましょう。

脂肪肝になる原因

肝機能が低下すると脂肪肝になりやすいわけですが、これにはいくつか原因があります。

一つめは、食べ過ぎによるものです。体に取り入れられた脂肪や糖分は肝機能に問題がなければ分解されて筋肉細胞などに取り入れられ、上手に燃やすことができますが、脂質や糖質が食べ過ぎによって肝臓の分解機能を上回ると、脂肪酸に合成されて、燃焼されることなく肝臓に蓄積されていきます。

食べ過ぎると大抵は太るものですが、体質的に太らない人もいます。しかし一見、太っていないような人でも内蔵に脂肪がついているケースがあるので注意が必要です。
それで食べ過ぎで脂肪肝になった人は、食事制限をしたりダイエットをすることで脂肪肝の症状を緩和させることができます。

2つめにお酒の飲み過ぎによるものがあります。アルコールを取りすぎると肝臓に負担がかかり、エタノールを分解する肝臓の機能が低下し、脂肪の代謝が悪くなり、脂肪酸が肝臓に溜まってしまうのです。

アルコールそのものが脂肪酸に合成され蓄積される場合もあります。食べ過ぎの人がお酒もよく飲んでいると、肝臓にさらに負担がかかるので、脂肪肝になりやすいといわれています。アルコール性脂肪肝になっている人の最善の治療法は、断酒でしょう。

糖尿病も脂肪肝を引き起こすと言われています。糖尿病とは肝臓が分泌するインシュリンの量が少なくなるか、もしくはインシュリンのブドウ糖を分解しやすくする機能が何らかの理由で機能しなくなる状態をいいます。血液中のブドウ糖を処理できないと肝臓が中性脂肪を産生するので、脂肪肝になりやすくなるのです。

糖尿病になっていない人でも、脂肪肝によって肝機能が低下すると、糖尿病も併発しやすくなるようです。中年を過ぎて体の代謝が落ちても、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしていると、脂肪肝になりやすいようです。ときおり、食事のメニューやアルコールの量に関して偏りがあれば改善をすることで、脂肪肝を予防することができます。