脂肪肝 サプリ

脂肪肝サプリランキング

肝臓の機能が低下してくると、体に実に様々な障害でてきます。そのまま放置しておくと、最悪の場合死に至るケースもあるため、

 

肝臓系の数値に異常や衰えなどを感じたら、少し肝臓をいたわる対処しましょう。

 

脂肪肝に良い栄養素は
  • オルニチン
  • タウリン

 

など、肝臓に良いものと同様です。

 

当サイトは効率良く補給が可能な脂肪肝サプリを紹介しています。
一度ご覧になってみてください。

 

オルニパワーの特徴

オルニパワーは、脂肪肝に最適なオルニチンを高配合したサプリメントになります。しじみや牡蠣などから抽出したオルニチン・亜鉛・必須アミノ酸など豊富な栄養素を凝縮しています。さらに、老化対策に嬉しいアスタキサンチンも含まれており、肝機能の低下、肝臓ケアにおすすめです。健康診断の結果に不安を感じた、数値改善を図りたい、といった方にピッタリ!当サイトより特別500円購入可能です。

価格 500円
評価 評価5
備考 オルニチン・亜鉛・アスタキサンチン

 

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、肝壁なまでにこだわり抜いた肝臓に有効な栄養素を凝縮したサプリメントです。日本人の約1000万人が脂肪肝といわれる現代において、救世主となるのがこのレバリズム-L。国産の質の高いしじみ・牡蠣などのエキスをたっぷり含んでおり、脂肪肝にアプローチします。さらにシスチンやビタミン類など肝機能の向上に良い成分も入っており、肝臓に不安を感じている人にピッタリのサプリメントとなっています。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 牡蠣・しじみ・スクワレンなど

 

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーEプラスは、脂肪肝の改善に役立つタウリンをたっぷり配合したサプリメントです。広島産の牡蠣に含まれるタウリンを含み、さらに、長野産にんにくや紀州産南高梅などアリシン、クエン酸などの栄養分もたっぷり。脂肪肝の原因となる血液中の中性脂肪やコレステロールを減らし、お酒の飲み過ぎによる肝臓機能をサポートするのに最適。今なら公式サイトから安心の返金保証付で購入可能です。

価格 5980円
評価 評価4
備考 タウリン・アリシン・クエン酸など

 

売れてる脂肪肝サプリを比較してみた!

商品名 主成分 初回価格 おすすめ度
オルニパワー オルニチン・亜鉛・アスタキサンチン 500円(税抜)
レバリズム-L 牡蠣・しじみ 980円(税込)
肝パワーEプラス 牡蠣・にんにく・南高梅など 5980円(税抜)

売れてる脂肪肝サプリを見てみる!

 

脂肪肝になる原因は?

 

肝臓に脂肪が溜まり過ぎてしまう、いわゆるフォアグラ状態になる脂肪肝は、何が原因で引き起こされるのでしょうか?脂肪肝の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎと考える人が多いでしょう。

 

実際、食べ過ぎたり飲み過ぎて、エネルギーとして燃焼しきれなかった脂肪は、肝臓に蓄積されていきます。そのまま消費されなければ、どんどん肝臓に脂肪が溜まっていくのみです。よく食べ、よく飲んでいる人でも、日常的に運動をして飲食したぶんを燃焼していれば、あまり問題はありません。ということは、運動不足も脂肪肝の原因と考えられるわけです。

 

ただし、食べ過ぎや飲み過ぎによる肥満ばかりが、脂肪肝の原因とは限りません。ときには、無理なダイエットによって栄養が偏り、低栄養性脂肪肝になることもあります。食べないから脂肪肝にならないとも、限らないのですね。

 

実は、お酒を飲まなくても、食べ過ぎによって脂肪肝になると、肝硬変や肝細胞がんに進行しやすいという説もあります。肝臓に脂肪が溜まってくると、疲れやすくなったり肩こりがひどくなる、けだるくなるときが多くなるなどの症状が出てきます。こうした症状を見過ごさず、早めに対処することが肝心です。

 

お酒を飲まないのに脂肪肝に!非アルコール性脂肪肝とは?

 

脂肪肝はお酒を飲む人がなるものと思っている人もいるかもしれませんが、お酒を飲まない人が発症する非アルコール性脂肪肝も存在します。簡単にいえば、食べ過ぎによる脂肪肝です。

 

NAFLDと呼ばれる非アルコール性脂肪肝にも種類があり、重症タイプでは放置すると特に危険です。日本国内では、約13人に1人が非アルコール性脂肪肝だとされていますから、他人事とは思えません。

 

非アルコール性脂肪肝は、アルコール性脂肪肝よりゆるやかに進行する特徴があり、気付いたときにはかなり悪化していたというケースも多いのです。もともと、沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓は、多少の不調があってもめげずに働いてくれます。そのため、自覚症状に気付かずに症状が悪化してしまいがちです。

 

30代頃から好き放題に食べ続け、基礎代謝が低下してくる40代になったら脂肪肝になっていたなどということもシャレではなく起こり得ます。

 

肝臓に良い食事の仕方

 

肝臓の調子を回復するためには、食生活を改善して運動を始めることです。どちらも続けることが大切ですから、無理のあり過ぎる計画はよくありません。食事は極端にダイエットをするのではなく、栄養バランスを考えた献立にしましょう。糖質や脂質を控えめにするために、肉食中心から魚食へ、白米から玄米にするのも効果的です。

 

油物を摂らなければ大丈夫という考えは間違いで、スイーツなどから摂取した糖質もエネルギーとして燃焼されなければ脂肪として蓄えられてしまいます。食事の時間を規則正しく、また腹八分目に食べることもおすすめします。いつもお腹いっぱいに食べてしまっていては、どんどん食べる量が増える一方です。

 

ちょっと物足りないくらいのところで止めておくと、食べ過ぎを防ぐことができます。食事の後に、食べる以外のお楽しみを用意しておくといいですよ。一回の食事をゆっくり食べることも、役に立ちます。ゆっくり食べるということは、よく噛むことにつながります。よく噛めば消化がよくなるため、肝臓への負担も軽くなるでしょう。

 

肝臓に悪い食品やメニューは避ける!

 

脂肪肝を予防・改善するためには、肝臓によくない食品も避けたほうがよいでしょう。筆頭となるのは、脂肪や糖分の多い食べ物です。揚げ物や脂分の多い肉類には、かなり注意しておく必要があります。同じ肉でも、脂肪分の少ない赤身であれば、良質なタンパク質を摂取できます。

 

もっと良いのは、肉食から魚食に変えることです。魚が苦手という方は、ツナ缶などを活用してみるのも便利ですよ。添加物が多く含まれた食品を日常的に食べるのも、よくありません。添加物は肝臓の解毒機能に負担をかけるため、肝臓の働きが鈍ってしまう恐れがあります。インスタント食品をはじめとする加工食品、スナック菓子など、添加物の含有が多い食品には注意しておきましょう。

 

糖質は、ご飯や麺類、小麦粉などにも多く含まれ、野菜にすら含まれています。お菓子を食べなくても最低限必要な糖質は十分に摂れていますから、この際スイーツとはさよならしてみてもよいのではないでしょうか。

 

病気ではない脂肪肝だが放っておくと、、

 

そもそも脂肪肝というのは、毎日の飲み過ぎ、食べ過ぎなどにより肝臓に中性脂肪・コレステロールが溜まった状態になります。「肝臓の肥満症」とよく言われており、主に30、40代以降の方々に多いとされています。

 

脂肪肝の厄介なところは、見た目ではわからない、痛みを感じない、といった自覚症状がほとんどないことです。そのため、本人はもちろん、身近な人にも気づかれないのです。

 

だからといって脂肪肝の状態を放っておいてはいけません!

 

自覚症状はないものの、徐々にゆっくり肝臓を蝕んでいき、中性脂肪やコレステロールが肝臓を埋め尽くすころに、大きな病気(肝臓病)を引き起こす原因となってしまうのです。
※肝臓病…肝硬変・肝炎・肝臓がんなど。

 

脂肪肝がわかったら早急に始めたい対策

 

脂肪肝の原因は、アルコールの摂りすぎと偏りがちな食生活が主です。1日のアルコール摂取量の基準値というのは、ビールに換算すると500mlとなっており、毎日でなくともお酒の席の度に何杯も飲んでいたら危ないですよね。

 

早急に始めたい対策として、お酒好きなひとは極力量を減らすこと、そして有酸素運動を取り入れること、が中心となるため心がけておきたいですね。

 

加えて重要になるのが、肝臓に良い栄養・成分をあたえてあげることです。主にタウリンやオルニチンなどの牡蠣、しじみに含まれる成分です。

 

タウリンやオルニチンには、一般的には二日酔いを和らげるイメージが強いですが、そんなシンプルなものではありません。この2つの成分は、アルコールの分解を促進し、肝臓の働きを一層高めてくれるため、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まるのを防ぐことができます。

 

脂肪肝を改善、予防するためにタウリン、オルニチンを毎日摂取るすることは重要なポイントといえます。

 

脂肪肝に効果的なサプリ成分とは?

 

肝臓に脂肪が蓄積されてしまい、あたかもフォアグラのような状態になってしまっているのが脂肪肝です。脂肪肝からどんどん肝臓の働きを弱めていき、肝硬変などに進行してしまうケースもあるため、注意が必要です。とはいえ、脂肪肝対策に食事や運動をするのは大変。長続きしないとギブアップしそうになっている方は、脂肪肝に役立つサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

 

肝臓機能を正常にするタウリン

 

タウリンは、肝臓をはじめとした内臓器官が正常に働くために必要な成分です。栄養ドリンクにもよく配合されている成分であることからわかるように、疲労回復や脂肪肝の改善などにも役立ってくれます。アルコールの分解やコレステロール値の低下にも欠かせないタウリンは、食品では牡蠣に多く含まれています。ただ、牡蠣は季節ものの食品で、毎日食卓に出せるほど安くはないのがネックです。タウリンのサプリメントを利用すれば、脂肪肝対策を効果的に行えるでしょう。

 

必要なときに肝機能をサポートしてくれるオルニチン

 

タウリンと同じく、肝機能を助けてくれる成分にオルニチンがあります。やはりアミノ酸の一種で、解毒や代謝機能が低下すると脂肪肝を招きやすい肝臓をしっかりと働かせてくれます。疲労回復にも役立ち、他のアミノ酸と違ってたんぱく質にならずに必要なときにオルニチンとして働くのも特徴です。

 

肝臓脂肪の代謝を促すDHA・EPA

 

DHAとEPAは、青魚の魚油に多く含まれるといわれるサラサラ成分です。脂肪肝との結びつきはピンとこないかもしれませんが、実はDHA・EPAは肝臓の脂肪を代謝してくれる働きがあるのです。

 

青魚を常食している人であれば、脂肪肝になる心配は無用でしょう。青魚は苦手、毎日は食べられないという人でも、DHA・EPAのサプリメントで脂肪肝を予防することができます。

 

更新履歴